層雲峡で冬のキャンプ楽しく 通信環境やシャワー室完備

2021年12月05日 10時00分

 層雲峡で冬のキャンプを楽しもう―。上川町の層雲峡オートキャンプ場が12月3日から冬季営業を開始する。テントの設営スペースやコテージ、シャワー室を完備。通信環境も整えるなど、キャンプ未経験者でも楽しめるようにした。コロナ禍で高まるアウトドアブームをバックグラウンドとして、多くの利用を期待している。

週末移住コテージ。Wi―Fi環境を備えている

 上川町は豊かな自然を背景に、アウトドアを軸として長期滞在を促す「北の山岳リゾート」構想を掲げた。滞在拠点を設けるため、2019年度から3カ年で、上川町清川にある層雲峡オートキャンプを再整備。20年度は試験的に冬季営業を始めた。

 テント約70張の組み立てができるフリーサイト場のほか、1―2人用の通年型コテージ5棟、2―4人を収容できる週末移住コテージ15棟を用意。コテージは大自然への移住をコンセプトとする。寝具を持参する必要があるが、室内は暖房設備とWi―Fi環境を整え、長期間の滞在に備えた。

 シャワー室やランドリーも設置。通年型コテージの宿泊者は炊事棟、週末移住コテージの宿泊者はキッチン棟で料理をすることができる。

コテージは家族でも快適に過ごせる

 1泊の料金は週末移住型コテージが8000円、通年型コテージが7000円。フリーサイトでテントを張る場合は持ち込み料500円が必要だ。

 グランピングテントの貸し切りプランも計画中で、場内に設営したグランピングテントでバーベキューを楽しめるプランを予定。プランの詳細や金額は20年度の状況も踏まえて決める。

 週末の金―日曜、祝日で22年3月まで営業する。

 町はキャンプ場を拠点として長期滞在を促したい考え。20年度はソロキャンプに訪れる人が多かった。個人客の取り込みを図るとともに、コテージによる家族やキャンプ初心者の利用増も目指している。

(北海道建設新聞2021年11月30日付12面より)


関連キーワード: 上川 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,360)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,142)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。