行政書士池田玲菜の見た世界

 アンパサンド行政書士事務所の池田玲菜代表が、行政書士の視点から連載するコラム。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第1木曜日に掲載しています)

行政書士池田玲菜の見た世界(14)相手に思い伝える国語

2021年12月03日 09時00分

ずっと変わらず必要な力

 わが家の長男は今年から小学校に通い始めました。国語の授業では、平仮名やカタカナの書き方を習い、漢字の読み書きも始まりました。先日、「もう平仮名もカタカナも読めるから、国語の授業は簡単だ」と言っていました。

 親としては、書き取りで勉強をやめられては困ります。「国語とは、書いてある文字を読めるようにするための勉強ではなく、相手の言いたいことをきちんと理解し、自分の言いたいことを伝えられるようにする練習だよ。文字はそのための道具だから、読めなければいけないけど、読めるだけでもいけないよ」と伝えました。

 ところで、LINEなどのメッセンジャーアプリが業務などにも利用されるようになり、いろいろなコミュニケーションツールに取って代わられるようになりました。メッセンジャーアプリは、気軽にすぐに送ることができ、返信も気軽にできるというメリットがあります。それに加え、スマートフォンやパソコンなど端末を問わずに見ることができるので、職場でも移動先でも見ることのできる便利さもあります。人気が出るのも分かります。

 弊所でも、お客さまとのコミュニケーションツールとして、チャットアプリやメッセンジャーアプリを導入しています。

 しかし、たまに困ったことが起きます。問いに対する回答が返ってこないのです。業務を進めるために聞きたいことがあるのに、適切な事実や考えを聞くことができません。口頭であれば「その件ではなく」と伝えることができることでも、文字で角が立たないように伝えることはちょっと面倒なことです。

 電子メールを利用するときは、そのような行き違いはあまりないように感じます。メッセンジャーアプリの気軽さゆえに生じてしまうのでしょうか。私自身も、文章に配慮が欠けているのでしょう。

 私は、国語のテストが苦手で、なかなか高得点を取ることができませんでした。先生に相談に行っても「あなたの解答を見てもセンスが感じられない。国語の勉強をする時間を他教科の勉強に使いなさい」と言われたほどでした。その頃は、国語がどのような勉強なのかが分からず、必死にもがいていました。

 仕事をするようになり、自分が伝えたいことを把握し、表現し、相手が伝えたいと思われることを読み取ることを必死に続けるなかで、国語の授業が目指していたことが分かるようになり、少しずつ国語力が上がったように感じています。伝えたいことの伝え方が分からないことや、伝わらないことも減ってきました。

 新しくITの技術や知識が必要なのはもちろんですが、国語力をはじめとして、変わらずに必要な能力もあるものですね。

(北海道建設新聞2021年12月2日付3面より)


行政書士池田玲菜の見た世界 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • web企画
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,559)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。