再エネ地産地消モデル構築で蓄電池設置作業開始 稚内市

2021年12月06日 17時00分

 稚内市が2021年度内の運用開始を目指す、風力発電を活用した電力自己託送用の蓄電池を収納するコンテナ設置作業が1日、萩ケ丘浄水場で始まった。コンテナは4基設置し、10日までに蓄電池や変圧器などを設ける。

細心の注意を払ってコンテナをつり上げた

 風力発電を活用した電力自己託送は、市が掲げる再生可能エネルギー地産地消モデル構築の一環。電力自己託送と地域エネルギー会社の設立が柱となる。

 天北北部広域農道(ミルクロード)沿いで市の水道事業が所有する、風車3基から発生した電力を市の施設に送る。温室効果ガス削減や電気料金の域内循環などが期待される。

 設置する蓄電池は、風車から送られる電力を貯蔵する役割を担う。容量は2000㌔㍗アワー。蓄電した電力をエネルギー管理システム(EMS)を介して市有施設に送電する。蓄電池システムの設計や製作・据え付けは富士電機が請け負っている。

 この日はコンテナ2基を設置。悪天候の中、細心の注意を払い玉掛けと、つり荷作業を進めた。

(北海道建設新聞2021年12月3日付10面より)


関連キーワード: エネルギー 宗谷

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,187)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,279)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,756)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,656)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,505)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。