再エネ地産地消モデル構築で蓄電池設置作業開始 稚内市

2021年12月06日 17時00分

 稚内市が2021年度内の運用開始を目指す、風力発電を活用した電力自己託送用の蓄電池を収納するコンテナ設置作業が1日、萩ケ丘浄水場で始まった。コンテナは4基設置し、10日までに蓄電池や変圧器などを設ける。

細心の注意を払ってコンテナをつり上げた

 風力発電を活用した電力自己託送は、市が掲げる再生可能エネルギー地産地消モデル構築の一環。電力自己託送と地域エネルギー会社の設立が柱となる。

 天北北部広域農道(ミルクロード)沿いで市の水道事業が所有する、風車3基から発生した電力を市の施設に送る。温室効果ガス削減や電気料金の域内循環などが期待される。

 設置する蓄電池は、風車から送られる電力を貯蔵する役割を担う。容量は2000㌔㍗アワー。蓄電した電力をエネルギー管理システム(EMS)を介して市有施設に送電する。蓄電池システムの設計や製作・据え付けは富士電機が請け負っている。

 この日はコンテナ2基を設置。悪天候の中、細心の注意を払い玉掛けと、つり荷作業を進めた。

(北海道建設新聞2021年12月3日付10面より)


関連キーワード: エネルギー 宗谷

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,360)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,142)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。