現場の仮壁などに現代アート展示 札幌駅前通地区活性化委

2021年12月11日 08時30分

「サッポロ・パラレル・ミュージアム」開催

行き交う人の目を引いている

 札幌駅前通地区活性化委員会は、メディアアーツ都市・札幌を発信する一環で、札幌駅前通のビル内や工事現場の仮壁を使った現代アートの展覧会「サッポロ・パラレル・ミュージアム」を開催中だ。国内外8人のアーティストによるユニークな作品が来場者の目を楽しませている。12日まで。

 道庁赤れんが庁舎前で予定していた「さっぽろユキテラス」が新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止になったことを受け、代替イベントとして初開催。駅前通会場とウェブで異なる作品を公開することから「パラレルミュージアム」と題した。

 駅前通会場は、工事現場の仮壁や日本生命札幌ビルの地上・地下1階、札幌第一ビル4階など9カ所に「幕を開ける」を共通テーマとした写真やイラスト、映像作品などを展示。仮称ヒューリック札幌建替計画Ⅰ期工事の仮壁には、複数の写真を重ねることで表裏が錯綜(さくそう)した関係を表現する加納俊輔氏の作品がお披露目され、行き交う人の目を引いている。

 事務局を務める札幌駅前通まちづくり株式会社の担当者は「街を歩きながら現代美術に触れてもらいたい」と話した。

(北海道建設新聞2021年12月9日付10面より)

再開発マップへ


関連キーワード: さっぽろ圏 再開発

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,357)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,141)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。