おとなの養生訓

おとなの養生訓 第221回「お酒で太るか?」 大切なのは「ほどほど」

2021年12月13日 09時00分

 食品表示法の改正後、さまざまな食品、飲料でカロリー(熱量)の表示が義務化され、お酒の表示にもカロリーが明記されています。例えば、ビールは100g当たり39・9kcal、日本酒は100g当たり104kcalです。このカロリーは何を意味しているのでしょうか。もちろん、お酒の成分が持っているエネルギー量で、アルコールと糖質、脂質、タンパク質が持つカロリーの総量を示しています。

 通常、栄養素のカロリーは、取りすぎると体重増につながるのですが、お酒の場合は注意が必要です。アルコールのカロリーは、単純にアルコールを燃やしたときに生じるエネルギー量を表示していますが、アルコールが体内でどのくらいのカロリーとして働くのか、はっきりしたことが分かってはいないのです。

 まず、細胞がアルコールをエネルギー源として直接利用する経路が分かっていません。アルコールは体内で分解されると酢酸が生じますが、酢酸をエネルギー源とする経路が証明されていないのです。もし酢酸がエネルギー源になるのなら、お酢を飲む健康法をしている人は太ってしまうはずですが、そうではありません。また、たくさん飲んだアルコールが体内で脂肪に変わる経路も証明されていません。

 かつて、エネルギー所要量を超えるカロリー分をアルコールで置き換えた研究がありましたが、太ることはありませんでした。また、ちょっと厳しい話ですが、アルコール依存症になって、常にお酒を飲んでいる患者さんに肥満は起こらず、病状が進むとむしろやせ細っていきます。アルコールが脂肪にはならない証明みたいなものです。

 では、お酒で太るといわれているのはなぜでしょうか。一つは、お酒を飲むときは必ず、何かの食べ物を一緒に口にしているからです。アルコールは気分を解きほぐし、前向き、楽観的にするので、食欲も増進され、つい多めの食事をしてしまいがちです。

 また、三食と別にお酒を飲むときにはおつまみが必要ですが、それ自体が余計なカロリーなわけです。さらに、お酒に含まれている糖質はそんなに多い量ではありませんが、食事にプラスされる分ですからほぼ余計なカロリーといえるのです。

 しかし、から酒を飲むのは、アルコール依存症のリスクが高まりますから、推奨できません。やはり、お酒はほどほどにということでしょうか。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • オノデラ
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,434)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,513)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,368)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,205)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,712)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。