キャンプ場や宿泊施設などオープンへ 栗山の旧継立中

2021年12月14日 15時00分

ティーシーエイがアウトドア複合施設としてリノベーション

 観光業の営業支援を手掛けるティーシーエイ(本社・大阪)が、栗山町の旧継立中をキャンプ場やコワーキングスペースなどにリノベーションし、2022年4月下旬にもプレオープン、22年夏にフルオープンする。

多くの地域住民が参加した説明会

 継立189の22にある旧継立中は14年3月に閉校。校舎(RC造、2階、延べ2413m²)、屋体(S造、平屋一部2階、延べ769m²)はいずれも耐震補強済み。土地は2万8618m²の広さがある。

 町は、旧継立中の利活用に向けて公募型プロポーザルで募集したが16年度は該当者なし、20年度は応募なしで、以降は関心のある事業者に対し、随時個別対応してきた。

 町と同社は9日、南部公民館で地域住民説明会を開催。町の経過報告によると、5月下旬に同社から問い合わせがあり、9月に事業提案を受け、10月に跡地活用の選考委員会で審査した。

 土地と建物について、同社は賃借で5年ごとの更新を考えている。手続きが順調に進めば22年1月までに仮契約、同3月に契約となる見通しだ。

 同社は観光業の営業支援のほか、20年からアクティビティ事業に参入。道内では11月からシャトレーゼガトーキングダムサッポロの遊休地を利活用し、テントサウナを運営中。全国各地で観光施設を運営し、和歌山県橋本市の廃校でオートキャンプ場とコワーキング施設を運営管理する。

 旧継立中については、キャンプ場、宿泊施設、サウナ、コワーキングスペース、カフェ、貸し教室などアウトドア複合施設を計画。学校団体や企業研修などの対応、ワーケーション体験ツアーなどを想定し、道内外からの来訪を促す。地域交流イベントや地域防災にも協力。継立小の児童が放課後に遊ぶ場の提供も提案している。(岩見沢)

(北海道建設新聞2021年12月13日付8面より)


関連キーワード: 宿泊施設 空知 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,360)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,142)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。