アジア系不動産投資会社がニセコに別荘4区画

2021年07月13日 05時00分

土地造成8月に着工

 アジア系投資家らで構成する不動産投資会社オーキッドサクラグローバルリミテッド(英領ヴァージン諸島、張英代表)は、ニセコ町内に別荘4区画の開発を計画している。土地造成は8月中旬に着工予定。建築の施工者は今後決める。

 建設予定地はニセコ425の1で、ニセコアンヌプリ国際スキー場に近い。敷地面積4万4319m²に、別荘4棟や設備棟1棟を新築する予定だ。

 土地造成は新和建設が担当する。8月15日に着工し、2022年8月31日の完了を見込む。土木設計はエス開発設計(本社・札幌)が手掛けた。

 別荘4区画のうち、約4400-1万6000m²から成る3区画を分譲予定。事業者が所有する残り1区画とともに、2階建ての個人住宅を1棟ずつ建設する計画だ。建築設計は北海道プロジェクトデベロップメントが担当する。

(北海道建設新聞2021年7月13日付2面より)

ニセコ開発マップへ

English translation

Asian Real Estate Investment Company Plans Construction of Four Villa Lots in Niseko – Land Development to Start in August

Orchid Sakura Global Limited (British Virgin Islands), a real estate investment company comprised of Asian investors, is planning to develop four villa lots in Niseko Town. Land development is scheduled to begin in mid-August. The builder for the project will be decided at a later time.

The planned construction site is located at Niseko 425-1, which is close to the Niseko Annupuri International Ski Area. Four villas and one facility building will be newly built on the 44,319m2 site.

The civil works are scheduled to begin on August 15, and are expected to be completed on August 31, 2022.

Of the four villa lots, three lots ranging in size from 4,400 to 16,000 m2 will be sold. Plans call for a two-story private house to be constructed on each of the three lots, along with the one lot owned by the operator. Hokkaido Project Development will be responsible for the architectural design.

(Excerpt from an article on July 13, 2021)

More articles in English here.


関連キーワード: ニセコ_ニセコ26 リゾート 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,719)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,500)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,204)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (831)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。