起業家甲子園で岩見沢農高が最優秀賞 全国大会へ

2021年12月24日 15時00分

測量データを農業に活用

全国大会の出場が決まった
岩農高農業土木工学科開発土木専攻班の生徒と堀毛教諭(左)

 土木と農業をつなげる産業間連携のビジネスモデルで全国大会出場へ―。学生たちがICTを活用したビジネスプランを競い合う「北海道起業家甲子園2021」(北海道総合通信局など主催)で、岩見沢農高のチームが最優秀賞に輝いた。土木工事で得た3次元測量データを農業に活用するアイデアで、空知建設業協会と連携するICT連携授業の研究を基に、ビジネスモデルを構築した。2022年3月8日に東京で開催される全国大会に出場する。

 道内の大学や専門学校など9チームが出場した全道大会は4日、オンライン形式で開催。唯一の高校参加となった岩農高は、農業土木工学科開発土木専攻班の2年生8人が挑戦した。

 ICT連携授業では、区画整備などで得られた土木の測量データを活用し、トラクターの自動走行や農業用ドローンの自動飛行を検証。建設業、農業機械メーカー、農業後継者などへのインタビューから、測量データの農業への横展開の有用性を確認し、ビジネスモデルを構築して提案した。

 ソフトやアプリを通じ土木データを農業への2次利用を図るもので、審査員からは「単にアイデアだけでなく、検証・実装している点が良かった」と高く評価された。

 ビジネスモデル構築の中心的役割を担った山田悠斗さんは「農業の担い手が減る中、農作業の効率化や労働力のサポートとなる仕組みをわくわくしながら考えた」と話す。

 生徒たちは全国大会に向け、発表内容にさらに磨きをかける予定。担当の堀毛憲太郎教諭は「生徒たちの自由な発想を尊重しながらアドバイスしたい」と期待を寄せている。(岩見沢)

(北海道建設新聞2021年12月23日付8面より)


関連キーワード: ICT 土木 学校 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,559)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。