摩周湖水質調査継続を クラウドファンディング実施

2022年01月14日 15時00分

 摩周湖の環境保全へ支援を―。弟子屈町など周辺流域の5町などで構成する摩周湖環境保全連絡協議会は、摩周湖の水質調査を継続するためクラウドファンディング(CF)を3月2日まで実施している。目標金額は270万円で、目標金額未満でも実行するオールイン方式で受け付ける。

水質調査の様子(20年撮影)

 阿寒摩周国立公園内にある摩周湖は、特別保護地区に指定され、地形上、流入出がないという特殊性から毎年水質調査をしている。1931年の調査では世界一の透明度である41・6mを観測。81年から総合的な水質調査を国立環境研究所が実施していたが、2018年で終了した。

 同協議会は19年からCFを実施していて、調査船のメンテナンスなどで約150万円を要するため、5町で負担金を出し合うのが厳しい状況だ。

 今回の最高支援額は100万円に設定し、水質調査のネーミングライツ(命名権)を付与する。支援額によって、水質調査の同行権やポストカード、オリジナルエコバッグなどの返礼品を用意している。

 申し込み・問い合わせは、同協議会事務局の弟子屈町環境生活課環境係、電話015(482)2934まで。(釧路)

(北海道建設新聞2022年1月13日付7面より)


関連キーワード: クラウドファンディング 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • web企画
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,360)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,142)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。