白鳥大橋が通行止め 強風で氷雪除去できず

2022年01月13日 16時50分

 急速に発達した低気圧の影響で、室蘭市内の37号白鳥大橋が11日夜から今シーズン初めて通行止めとなった。強風のため13日午後1時半現在、メインケーブルの氷雪を除去する作業ができていない。伊達方面から市内中央町などへのアクセスは、絵鞆半島に沿って大きく迂回を強いられ、市内の交通網に影響が出ている。

今シーズン初めて通行止めとなった白鳥大橋

 室蘭開建道路整備保全課は12日、「メインケーブル上の雪を人力で除雪しなければならないが、風速毎秒10m以上の風が吹くとケーブルの上に上がれないため今日の作業は厳しい。今夜も強風が予想されているため、13日以降の作業になりそうだ」と説明した。

 同橋を含む国道37号室蘭市室蘭道路維持除雪ほかで現場代理人を務める伊藤工業(本社・室蘭)の浜師秀次維持課長は「メインケーブルの氷雪が下に落ちると車両にぶつかる可能性がある。風が強く作業できない」と話した。

 作業は下請けに依頼し、ケーブルに4人体制で上り、デッキブラシで除去する。「少なくとも2時間はかかる。苦情も出ているので早く着手したいが、風の状況次第だ」と唇をかんだ。


関連キーワード: 橋梁 災害 胆振 道路 除雪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,360)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,142)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。