帯広開建の河川現場でパワーアシストスーツ導入実験

2022年01月24日 15時00分

実証現場で導入した(右から)電動式、バネ式のPAS

 2022年度から直轄工事でのパワーアシストスーツ(PAS)導入に向け、北海道開発局は帯広開建の河川工事を選定して実証実験を進めている。型枠大工が3種類のPASを着用。現場での効果や課題を確認し実用化につなげる。

 国土交通省が開発局や各地方整備局から各1件以上、計20件程度の工事を選定。1月中旬から順次開始し、約2週間で実証する。

 開発局は、北土開発(本社・芽室)が施工する十勝川改修の屈足築堤ほか河岸保護を選定。動力がバネ、ゴム、電動のPASが計4台支給され、音更川の樋門整備に従事する型枠大工が19日から着用している。

 バネ式では重量感がほとんどなく、着用した型枠工は「高性能なコルセットのよう。腰が軽い」と好感触。電動タイプを使う型枠工も一定の効果を感じたが「重く、厚みがあるので狭い足場を通るのが大変」と話した。

 帯広河川事務所の須賀可人所長は「実証に選ばれると最先端の情報が入ってきて、世の中の動きを実感できる。新しいことに取り組み、いいものを導入できれば」と期待を寄せた。


関連キーワード: 安全衛生

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,630)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,623)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,303)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,201)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,150)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。