開発局16―20年度建設コンサル契約 公募型が拡大

2022年01月21日 19時30分

入札参加者の技術力重視

 北海道開発局で、建設コンサルタント業務の契約方式の多様化、技術力重視が進んでいる。国土交通省がまとめた2016―20年度の工事等契約状況によれば、公募型・簡易公募型以外の指名競争入札の当初契約額のシェアは、20年度が16.8%と16年度の30.1%から13.3ポイント減少している。半面、公募型・簡易公募型が占めるシェアは20年度に30.3%となり、16年度から13ポイント上昇。入札参加者に技術力を問う方式の割合が増加している。

 20年度の業務発注件数は2666件で、当初契約額は総額672億9963万円となっている。契約方式別では一般競争入札358件、180億3663万円、指名競争入札のうち公募型・簡易公募型が765件、204億418万円、これ以外が933件、112億7679万円。随意契約のうちプロポーザルが593件、174億9595万円、これ以外が17件、8608万円という内訳。

 一方、16年度を見ると発注件数は2743件、総額は532億4821万円。一般競争入札は375件、130億6341万円、指名競争入札のうち公募型・簡易公募型が414件、92億1074万円、これ以外が1244件、160億4776万円。随意契約のうちプロポーザルが633件、135億4010万円、これ以外が77件、13億8620万円となっている。

 これらを金額ベースのシェアで16年度と比較すると、20年度の一般競争入札は2.3ポイント増の26.8%、指名競争入札のうち公募型・簡易公募型は13ポイント増の30.3%、これ以外が13.3ポイント減の16.8%、随意契約のうちプロポーザルが0.6ポイント増の26%、これ以外が2.5ポイント減の0.1%。一般競争と公募型・簡易公募型指名競争、随意契約のプロポーザルのシェアが拡大傾向にある。

 国交省は、価格と品質が総合的に優れた内容の契約を増やすため、09年3月に「建設コンサルタント業務等におけるプロポーザル方式および総合評価落札方式の運用ガイドライン」を策定。15年11月に改定し、技術力が求められる測量や地質調査などの業務を、総合評価やプロポーザルで発注するよう促している。開発局はこの方針に沿い、着実に契約方式の多様化を推進している。


関連キーワード: 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (13,983)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,215)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,086)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,514)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,287)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。