開発局16―20年度建設コンサル契約 公募型が拡大

2022年01月21日 19時30分

入札参加者の技術力重視

 北海道開発局で、建設コンサルタント業務の契約方式の多様化、技術力重視が進んでいる。国土交通省がまとめた2016―20年度の工事等契約状況によれば、公募型・簡易公募型以外の指名競争入札の当初契約額のシェアは、20年度が16.8%と16年度の30.1%から13.3ポイント減少している。半面、公募型・簡易公募型が占めるシェアは20年度に30.3%となり、16年度から13ポイント上昇。入札参加者に技術力を問う方式の割合が増加している。

 20年度の業務発注件数は2666件で、当初契約額は総額672億9963万円となっている。契約方式別では一般競争入札358件、180億3663万円、指名競争入札のうち公募型・簡易公募型が765件、204億418万円、これ以外が933件、112億7679万円。随意契約のうちプロポーザルが593件、174億9595万円、これ以外が17件、8608万円という内訳。

 一方、16年度を見ると発注件数は2743件、総額は532億4821万円。一般競争入札は375件、130億6341万円、指名競争入札のうち公募型・簡易公募型が414件、92億1074万円、これ以外が1244件、160億4776万円。随意契約のうちプロポーザルが633件、135億4010万円、これ以外が77件、13億8620万円となっている。

 これらを金額ベースのシェアで16年度と比較すると、20年度の一般競争入札は2.3ポイント増の26.8%、指名競争入札のうち公募型・簡易公募型は13ポイント増の30.3%、これ以外が13.3ポイント減の16.8%、随意契約のうちプロポーザルが0.6ポイント増の26%、これ以外が2.5ポイント減の0.1%。一般競争と公募型・簡易公募型指名競争、随意契約のプロポーザルのシェアが拡大傾向にある。

 国交省は、価格と品質が総合的に優れた内容の契約を増やすため、09年3月に「建設コンサルタント業務等におけるプロポーザル方式および総合評価落札方式の運用ガイドライン」を策定。15年11月に改定し、技術力が求められる測量や地質調査などの業務を、総合評価やプロポーザルで発注するよう促している。開発局はこの方針に沿い、着実に契約方式の多様化を推進している。


関連キーワード: 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。