除雪者の健康状態を遠隔で把握 上田組がDX推進

2022年01月27日 15時00分

リストバンド型端末など導入

従事者のバイタルデータをモニターで確認できる

 過酷な除雪従事者の健康状態をリモートで把握。異常を感知したら現場代理人が本人に連絡を取り、早めに休ませる―。上田組(本社・標津)は作業員の位置情報とバイタルデータを遠隔で把握できるリストバンド型端末「みまもりがじゅ丸」を導入し、244号標津町根北道路維持除雪ほか一の現場で活用を始めた。2022年度からは建設ディレクターによる現場負担軽減も開始するなど、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を通じて働きやすい職場の実現を目指す。

 みまもりがじゅ丸は、装着者の位置情報や脈拍数、体温が現場事務所や本社のモニターにリアルタイムで表示されるシステム。異常値が生じた場合は管理者がすぐに本人へ連絡を取り、的確な指示を出すことができる。

 この現場では15台を用意。現場代理人を務める丹羽淳一土木2課長は「今シーズンは雪が多く深夜の出動も増えている。従事者の疲労やストレスの蓄積が心配される中、管理面でかなり助かっている」と話す。

 また22年度から、ロボットによる業務自動化(RPA)で時間に余裕ができる事務職が書類作成などで現場を支援する。その指導役として鈴木邦明総務部課長が建設ディレクターの講習を受けている。

 このほかにもDXに関する取り組みを本格化させている。現場へのウェブカメラ設置、ICT建機やドローンなどの活用、スマートフォンによる出退勤時間管理などを継続。新規で吹雪でも前方を鮮明に映し出す物体検知型映像鮮明化システムの導入をはじめ、土木用の現場タブレット導入、本社へのオンライン用個室整備、紙資料のデータベース化、請求書のペーパーレス化などを見込む。

 上田修平社長は「ただ時代の流れに乗るのではなく、先進的なデジタル技術を取り入れることで社員の就業意欲や生活環境を向上させ、企業としても生産性を上げて成長できれば」と期待する。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,559)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。