KIECEの台頭 5市長に聞く

 道都札幌に近接する北広島、石狩、江別、千歳、恵庭の総称「KIECE」。本道の新たな成長地帯として、まちづくりの動向が注目されている。少子高齢化が進む中で地域をどう発展させるか、各市長にビジョンを尋ねた。

KIECEの台頭 5市長に聞く(2)石狩市 加藤龍幸市長

2022年02月02日 11時00分

「稼げる自治体」目指す エネの地産地消で脱炭素へ

 石狩市はエネルギーや物流の拠点である石狩湾新港を擁し、近年は洋上風力発電の誘致や大型小売チェーンの進出など産業集積が加速している。加藤龍幸市長は脱炭素への貢献も通じて「稼げる自治体」を目指す考えだ。

加藤龍幸市長

 -産業振興に向けた考えや政策は。

 多様な業種を誘致したい。港があって、190万都市の札幌に近いのはアドバンテージだ。

 新港地域では2020年3月にスーパーホテルが、21年4月にはコストコがオープンするなど、従来の製造業や卸売業だけではない企業進出が進んでいる。10年前にはさくらインターネットがデータセンターを建てた。新たなIT企業の誘致にも動いている。

 都市計画審議会では企業進出の規制緩和を議論し始めた。時代に沿うよう柔軟に対応したい。コストコ周辺の用途地域緩和も議題になっている。

 -再エネや脱炭素関連の誘致に向けては。

 脱炭素に大きく貢献する街を目指す。全ての電力需要の再エネ供給を目指すREゾーンで、エネルギーの地産地消を進めたい。20年12月議会ではゼロカーボンシティを宣言した。

 港湾区域では23年の運転開始を目指し、グリーンパワーインベストメントが洋上風力発電の開発を進めている。一般海域の石狩湾沖も準備区域に位置付けられ、昇格していけば脱炭素に寄与でき、雇用と投資が生まれる。

 -洋上風力の拠点港化にも意欲的だ。

 石狩湾沖では7者が環境影響評価に進んでいる。仮に洋上風力ができれば、近くに拠点港があるのが好ましいだろう。速やかに期成会を立ち上げ、国へと要望を上げていく。

 石狩湾新港東地区で新たな埠頭用地の整備計画が進んでいる。その兼ね合いもあるが、現行では部材保管の広さが足りないのは確かだ。石狩湾沖での発電事業が決まれば、新たな港湾整備が期待できるのではないか。新港にはまだ整備の余地がある。道、小樽市と協議したい。

 -市の人口が減る中、世帯数は増えている。

 昭和40-50年代に転入した方々が高齢になり札幌のマンションなどに流れている。一方、若者世代が札幌などから多く入ってきていて、特に樽川地区は人口が急増中だ。宅地は少なくなっている。

 子育て施策の観点では現在、ある公園内で児童館を建設中だ。都市公園法の改正に伴い、公園内に建設できる施設の種類が増えたことを受け、全国でいち早く活用した。子育て支援の充実が狙いだ。

 -今後のまちづくりに向けた意気込みは。

 成長中の石狩湾新港に傾注して税収増、人口増に力を入れたい。稼ぐ力を持つことが住民を守ることになる。税収をインフラ整備などで住民に還元し持続可能なまちづくりを進めたい。(聞き手・高田陸)

 加藤龍幸(かとう・たつゆき)1956年生まれ。札幌市出身。79年専修大学を卒業後、道庁を経て2007年から石狩市役所に勤務。企画経済部長などを経て19年から現職。

KIECEの台頭 5市長に聞く 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,816)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,117)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,451)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,365)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,130)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。