訪問診療医師の悲劇

2022年02月02日 09時00分

 在宅医療に携わる医師や看護師とその患者、家族らの姿を生々しく描いたノンフィクション『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子、集英社)を読んでいると、こんな一節に目が止まった

 ▼「『かまいい』という言葉をご存じですか? こちらの言葉で『おせっかい』という意味です。まぁ、我々のやっていることは、『おせっかい』なんでしょうな」。渡辺西賀茂診療所の院長がつぶやくように筆者に語る場面である。たいていの人は自分の仕事と他の仕事に線を引き、自分の仕事以外は見て見ぬふりをする。しかし院長は言うのだ。「それでは社会は回っていかんのですよ」。患者とその家族に関わりすぎるくらいでないと、納得のいく在宅医療にはならないというのである

 ▼病気だけでなく目の前の人にしっかり向き合う。相当の覚悟がなければできないことである。27日に発生した立てこもり事件で犠牲になった医師の鈴木純一さん(44)も、そういった高い志を持って訪問診療を続けていた人だったようだ。報道によると、埼玉県ふじみ野市で鈴木さんの診療していた92歳の女性が死亡。その息子が翌日、家まで弔問に来いと医師らクリニックの関係者を呼びつけた。そこで男は母親に蘇生措置をと無理な要求をし、医師ができないと断るといきなり散弾銃を発砲したそうだ

 ▼男は警察の調べに対し、医師らを殺して自殺しようと思ったと供述しているという。幾重にも愚かな話でないか。本来なら鈴木さんは弔問に行く必要などなかったはずである。とことん向き合おうとしたのだろう。実に痛ましい。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。