北4西3地区の第1種市街地再開発決定に同意 札幌市都計審

2022年02月08日 08時00分

 札幌市都市計画審議会が4日、市内の北海道経済センタービルで開かれ、北4西3地区関連について、第1種市街地再開発事業の決定や都市高速鉄道の変更、地区計画の決定など全てに同意した。3月の都市計画決定告示を予定している。

 北4西3地区は約1.7haが施行区域。再開発ビルはS一部SRC造、地下6地上35階、建築面積約9800m²、延べ面積約21万200m²の規模となっている。建ぺい率は90%、容積率は1570%、高さは約200mを想定する。

 都市計画決定告示後、2022年度に市街地再開発組合を設立し、23年度の権利変換計画認可を予定。24年度の着工を見込み、関連する地下鉄南北線さっぽろ駅ホーム増設の本体工は23年度から取り掛かる計画となっている。

 このほか、福住・桑園通、水源池通関連、土地区画整理事業関連、高架側道6号線関連について諮問し、都市計画決定にそれぞれ同意した。

 関連説明では、市が地域交流拠点等での緩和型土地利用計画制度などの運用方針変更について報告した。

 容積率緩和の考え方を整理し、緩和型土地利用計画制度などの運用方向性を明示することで、良好な都市開発の誘導を目的とする。

 変更内容を見ると、省エネ性能に優れた建築物の導入促進のため、ZEB(ZEH)Ready、ZEB(ZEH)Oriented相当以上の建築物に対し、容積率を最大30%緩和する。

 加えて、JR白石駅周辺を新たに拠点開発誘導区域に指定し、地域交流拠点清田の拠点機能向上を図るため、国道36号の南東側、北野里塚旧道線の北側に拠点開発誘導区域と特定誘導路線を拡大する考え。

 3月に方針を変更し、運用する見通しだ。

再開発マップ札幌版へ


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。