旭川の優佳良織工芸館など購入 ツルハとエスデー建設

2022年02月08日 15時00分

文化、観光振興拠点施設を整備へ

 ツルハ(札幌市東区北24条東20丁目1の21、八幡政浩社長)とエスデー建設(旭川市豊岡4条5丁目10の14、古林幹弘社長)は4日、北海道伝統美術工芸村の優佳良織工芸館など3館と敷地を共同で購入した。再開発で文化や観光振興の拠点施設を整備する考えだ。

 旭川市南が丘3丁目37の240にある北海道伝統美術工芸村の優佳良織工芸館(RC造、地下1地上3階、延べ4479m²)、国際染織美術館(RC造、2階、延べ1242m²)、雪の美術館(RC造、4階、延べ3643m²)と8万m²の敷地を一括で破産管財人から購入。売買価格は明らかにしていない。

 北海道伝統美術工芸村は運営法人が2016年に破産。3館の取得の意向を示す両社と市は21年9月に利活用に関する協定を結んでいて、観光・文化の振興拠点として整備する方針だ。

 関係者によると数十億円に上る開発規模が見込まれている。事業計画は検討中。道外大手デベロッパーの参画も打診しているもようだ。


関連キーワード: 上川 文化施設 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

東日本高速道支社が道東道4車線化で2トンネルに着工...
2023年08月28日 (2,484)
ラピダス次世代半導体工場で起工式 
2023年09月01日 (2,316)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,496)
ラピダス工場着工 道内で歓迎の声
2023年09月01日 (1,425)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,319)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。