北8西1街区再開発の分譲マンション、売れ行きが好調

2022年02月10日 10時00分

発売1カ月で226戸成約

マンション24階にあるゲストルーム
デラックスツインの完成イメージ

 JR札幌駅北口の北8西1街区再開発で建設中の分譲マンション「ONE札幌ステーションタワー」(全624戸)の売れ行きが好調だ。事業に参画する大和ハウス工業によると、2021年11月下旬の発売から1カ月で226戸を成約。抽選もあったという。販売価格は5160万―5億円(税込み)と高額ながら、北海道新幹線札幌駅開業が控えることや地下鉄直結といった利便性の高さが注目された。

 8日、同社が札幌市内で記者会見した。タワーマンションは住友不動産、東急不動産、NIPPOを含めた4社による共同販売。21年11月27日に第1期分譲として244戸を供給し、1カ月で226戸の申し込み、成約があった。住宅流通研究所によると、道内での1985年以降の月間成約としては史上最多だという。

 契約者の年齢構成は50代以上が70%と最も多く、40代が22%、30代が8%を占める。約70%が道内在住者。半数は実需、残りはセカンドハウスや投資用として購入している。

 北8西1街区は、マンションのほかにオフィスなども入る48階建て複合ビルA棟、ホテル・店舗の入る地上14階建て複合ビルB棟で構成。23年12月の完成を予定する。地下鉄東豊線さっぽろ駅と地下通路でつながる。

再開発マップ札幌版へ


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,395)
藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,343)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,322)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,315)
アルファコート、北見駅前にホテル新築 「JRイン」...
2024年04月16日 (1,032)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。