総額3.1%増、2795億円 函館市22年度予算案

2022年02月10日 16時27分

旧西小解体し活用策検討

 函館市は10日、2022年度予算案を発表した。総額は前年度当初比3.1%増の2795億8622万9000円で、一般会計は2.3%増の1374億3000万円。一般会計と特別会計の普通建設事業費、企業会計の建設改良費を合わせた事業費は8.2%増の175億7767万7000円となった。西部地区再整備に向けて旧西小を解体し、跡地活用策の検討に着手。東雲広路の広場整備は基本設計を進め、大川団地3号棟に着工する。(予算案詳細は2022年2月12日付8面に)

 21年度当初予算と同様に、新型コロナウイルス感染症対策の一般財源分を確保するため、財政調整基金を繰り入れる。金額は34.9%増の5億3000万円とした。

 各会計の普通建設事業費、建設改良費は一般会計が7.9%増の95億6719万6000円、特別会計が78.8%増の26億5406万5000円、企業会計が9.2%減の53億5641万6000円となっている。

 主な事業を見ると、西部地区再整備の一環で弥生町12にある旧西小を解体する。予算額は3億485万8000円。まとまった広い土地が確保できる見通しで、跡地活用策の検討も進める。

 百貨店の棒二森屋店跡地の市街地再開発に3億2040万円を補助。22年度の実施設計、23年度からの現施設解体、24年度の着工を見込む。これに関連し、再開発施設内への公共施設の整備に向けた調査費として95万4000円を計上した。

 立地適正化計画の推進へ、JR函館駅前と大門地区で歩行空間再構築を進める。市役所前の東雲広路は22―26年度で広場を整備するほか、高砂通は22―25年度で歩道高質化を計画。22年度には東雲広路の基本設計など2660万4000円を充てる。

 市住4団地の住み替えに向けて整備している大川団地には9億6949万円を盛った。3号棟(RC造、5階、延べ5085m²、62戸)に着工するほか、4号棟の実施設計に入る。

 このほか新規で、東京五輪を経て人気が上昇しているスケートボードなどの都市型スポーツに関する調査を計画。500万円を投じて体験イベントなどを開き、施設のニーズや競技人口の把握を目指す。


関連キーワード: 予算 土地活用 学校 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,314)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,240)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,649)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,451)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (1,931)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。