会社探訪記

 地域に根差した企業を不定期で紹介します。

会社探訪記 トウマ電子工業 「人との出会いが大切」

2022年03月01日 12時00分

サウナを通じたまちづくりも

 トウマ電子工業(本社・当麻)は、除菌脱臭器やパウダーアイスメーカーなど多岐にわたる商品を製造する。設立時はブラウン管テレビの電子銃製造会社だったが、時代の流れに合わせて多角化を推進。近年はサウナを通じたまちづくりを掲げる当麻町に賛同し、キャンピングカーにサウナを内蔵したサウナバスを手掛ける。

コロナ禍で除菌脱臭器が注目されている

 1972年に創業し、間もなく50周年を迎える。当初は東芝のカラーテレビや航空機に使うブラウン管用電子銃を大量生産していた。最盛期には上川、上富良野両町に工場を設置し、400人ほどの従業員を雇っていたという。

 やがて、液晶テレビの普及により電子銃の需要が減少。一転して電子銃に代わる新たな市場開拓を迫られた。

只野憲弥社長

 4代目の只野憲弥社長は「一時期は仕事がほぼゼロに近い時もあった」と振り返る。少しでも仕事がもらえるよう、至る所を走り回り機会を求めた。人との出会いが大事だと感じた経験を糧に積極的に人と会う。

 レントゲンや空港の荷物チェックに使われる特殊電子管や、遠赤外線シートなど多岐にわたる商品を製造。「損失を抑えられるよう、4―5人で製品を作れる体制を整えた」と説明する。

 spe(本社・大阪)が開発したイオン発生素子を使い除菌脱臭器を組み立てる。大量に発生したクラスターイオンが壁や床のウイルスや菌を抑える。中型機や車載用の小型機などを作成し、合わせて4000台を販売。コロナ禍の現在は問い合わせも増え、主力事業となりつつある。

 製作中の除菌脱臭器は、空調設備に取り付け家中を除菌換気する。イスラエルの会社が開発したイオン発生装置を使い、3月末の完成を目指す。「ハウスメーカーと協力して新築物件に付けられるようにしたい」と意気込む。

 パウダーアイスメーカーは16年から製作を始めた。液体を機械に投入すると、粉雪のような氷ができるかき氷機で、80台ほど販売した。飲食店のほか道内では幼稚園や高齢者向け住宅などに搬入している。

 21年にはサウナバスの製作に挑戦し、サウナで地域創生を目指す町を後押しした。キャンピングカーの内部にサウナ施設を付けたもので、町産のトドマツを使った。

 原価意識の向上を経営方針に掲げ、社員教育に取り入れる。一例としてインターネットで買い物を済ますことを挙げる。「仮に現地購入した方が安かったとしても、運転に1時間かかったとすれば、その時間だけ無駄なコストが生まれる」。社員へコストに関する考えを深め、より一層の意識付けを図る。

 現在の売上高は約2億円。今後5億円を目標に掲げる。


会社探訪記 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,230)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,221)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,571)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,524)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,509)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。