住宅街区の販売が本格化 札幌リードタウン平岸ベース

2022年03月07日 09時00分

 積水化学工業(本社・大阪)が進める大規模複合開発「札幌リードタウン平岸ベース」で、住宅街区の販売が本格化した。2月に戸建て分譲を開始したほか、3月中旬には分譲マンションを売り出す。戸建ては1期分で供給した5戸全てが予約済み。開発地区内に商業施設があるほか、今後病院も新築されることから関心を集めている。

住宅街区では1棟目の分譲マンション新築工事が進む

 戸建て分譲は全48戸を供給し、うち15―20戸は建て売りを検討する。1区画当たりの面積は165m²程度で、価格は1坪当たり約50万円。建築条件付きとなる住宅は、全邸に太陽光発電システムや蓄電池、ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を標準搭載している。

 販売を担う北海道セキスイハイムによると、30代のファミリー層が興味を示し、1期分は月内の契約になるという。最初は数戸の供給だが、成約状況を見ながら徐々に増やすとし、「1年程度で完売できれば」と話している。

 リードタウンは、戸建て分譲に加え、同じ街区にマンションや医療施設、商業施設などを併設して宅地に付加価値を付ける。2019年に事業着手した埼玉県内の「あさかリードタウン」を皮切りに、茨城県や千葉県など関東圏を中心に計5カ所で開発を進めてきた。

 北海道初進出となる札幌リードタウン平岸ベース(豊平区平岸1条11丁目)は、旧自衛隊札幌病院跡地の敷地4・8haを長谷工不動産と共同で取得して開発。地下鉄南北線南平岸駅が徒歩圏だ。戸建て分譲住宅のほか、両社で分譲マンション2棟を新築。病院、クリニックモール、商業施設を計画する。

 商業施設のうちケーズデンキやスーパーのダイイチ、回転ずしの魚べい、各種医療施設が入る「メディカルスクエア南平岸」は21年11月から順次オープンしている。

 3月中旬からは分譲マンション「ハイムスイート平岸 ブランシエライースト」(RC造、10階、延べ9453m²、107戸)の販売を開始する予定。戸建てと同様に蓄電池を備えるほか、耐震型ポリエチレン給水管「エスロハイパーAW」を採用するなど、災害対応を強化した物件となっている。

 西側に新築する分譲マンション(RC造、10階、延べ8575m²)は3LDKを中心とした97戸。5月の着工と23年10月の完成を目指す。

 病院は24年の開業を目標に、豊平区内の医療法人が150床前後で計画しているようだ。

 南平岸地区では住宅をメインとした大規模開発が相次ぐ。北海道テレビ放送旧社屋と駐車場跡地(豊平区平岸4条13丁目51、55)1haでは、大京と土屋ホーム不動産が分譲マンションと戸建て分譲の開発を進めている。

P 住宅街区では1棟目の分譲マンション新築工事が進む


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,221)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,120)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,743)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,517)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。