東港区弁天中央埠頭整備に10.5億円 苫小牧港管理組合

2022年03月07日 18時11分

用地造成や荷役機械延命

 苫小牧港管理組合は2022年度、東港区弁天地区中央埠頭での用地造成と荷役機械延命化に10億5300万円を投じる。夏以降を見込んでいる起債に必要な特定港湾施設整備事業基本計画の政府承認を待って、設計と工事を地域限定型一般競争で入札する見通しだ。

 用地造成は、1998年に着工した埠頭整備事業の一環。これまでに荷役用地確保のため、空コンテナヤード2万m²を造成するなどした。22年度は荷役クレーンの走行レーン補修改良と電気室2棟の設計、整備を進める。

 レーンは、全長160mを2カ年で補修する計画の初年度。施工規模は精査中だ。電気室は1棟の更新と、ガントリークレーン4号機の新設に伴って1棟増設する。

 荷役機械の延命化は、06年に供用開始したガントリークレーン1号機が対象。運転開始から17年をめどとする耐用年数が迫っているほか、潮による部材の腐食が進んでいる。特に運転席の腐食が深刻で、現場から改善要望が挙がっている。

 管理組合の担当者は、運転席の交換は必須とみていて、他の部材に関しても交換か再塗装で修繕する方針。発注は工事のみの予定で、今後詳細な劣化具合を調査する。


関連キーワード: 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,063)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,213)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,189)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,713)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,312)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。