CO₂貯留効果は森林の2.4倍 釧路港島防波堤人工藻場

2022年03月12日 10時00分

開発局が公表

釧路港島防波堤の藻場。今後、さらなる藻場造成が進む予定だ

 ブルーカーボンによる二酸化炭素(CO₂)貯留効果を確認―。北海道開発局は、釧路港の島防波堤近くに埋設した人工の藻場が、少なくとも年間1.9t程度のCO₂を貯留していると公表した。この効果は、森林の単位面積当たりの吸収量と比べ2.4倍に上る。開発局が主導する検討会が貯留効果の定量化を実施。新たなCO₂吸収源として、ブルーカーボンのインベントリ登録(温室効果ガス排出・吸収目録)に向けた政府の動きに拍車を掛けそうだ。

 釧路港沖合の島防波堤には、浚渫土砂を利用して造成した背後盛り土がある。この浅瀬部(水深マイナス1m)に2006年度、3600m²の藻場を設け、以来新たな水生動植物の生息環境創出を図っていた。

 近年では温室効果ガス削減の動きとともに、ブルーカーボンの概念が世界的に広まった。海藻などの働きで海中の生態系に蓄積される炭素のことで、炭素吸収源としての役割が期待されている。

 開発局はこれらを踏まえ、釧路港の藻場に着目。藻場にはスジメ、ガッガラコンブなど10種を超える植物のほか、動物プランクトンや魚類などが生息している。これらの総量は毎年把握。さらにはブルーカーボンによるCO₂貯留効果を表す手法が最近明らかになった。

 これらを基に、北海道港湾ブルーカーボン定量化検討会が海藻類によるCO₂貯留効果を換算。結果、少なくとも年間で1m²当たり0.53㌔の貯留効果が認められた。

 開発局は、釧路港島防波堤に今後数年間で約4万m²の藻場を整備する計画。完成すれば、年間22.9t程度のCO₂貯留が期待できる。これは森林10万4000m²程度に相当するという。

 政府はブルーカーボンのインベントリ登録を目指すほか、地方自治体によるカーボン・オフセット制度を検討する方針。今後は地方自治体で藻場造成を進める機運が高まりを見せそうだ。


関連キーワード: 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,065)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,234)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,191)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,714)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,316)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。