フェラーリで非日常へ えぞ電工が4月からレンタル再開

2022年03月19日 10時00分

札幌からフェラーリで道内各地をドライブできる

 信号機設置などを手掛けるえぞ電工(本社・札幌)は、冬季休業しているフェラーリのレンタル事業を4月から再開する。川村雄二社長は「夢のスーパーカーで非日常のドライブを楽しんでほしい」と話す。

 貸し出す車両はフェラーリの「カリフォルニア」というモデル。乗り心地を川村社長は「言葉では言い表せない快適さ。飽きることがない」と絶賛する。初めてフェラーリに乗るような人も対象につくられていて、クラッチ操作は要らず運転は簡単だという。外装が白、内装が赤の4シーターでオープンカー仕様にできる。

 2020年4月から始め、ことしで3期目を迎える。事業を始めるに当たり銀行融資と自己資金で1500万円の中古を購入した。年間50人の利用が目標で、7年かけて投資回収したい考えだ。

 当初は外国人観光客をターゲットと捉えたが、サービス開始に前後してコロナ禍が本格化。現在は道民が主な利用者層だ。50―60代の男性が特に多く、誕生日や記念日のプレゼントに利用されるケースもある。

 利用者からは「乗り心地が最高、夢がかなった」など好評だ。富良野や積丹方面へのドライブが多い。犬を乗せてのドライブも可能だ。川村朝日営業主任は「乗る前後で利用者の顔つきがまるで変わっていることもある。スーパーカーに乗って自信が生まれるのでは」と予想外の効果も話す。

 電気工事業の同社では初夏の閑散期対応が長年の課題だった。既存業界への参入ではない新事業を検討する中、子どもの頃から憧れていたスーパーカーに思い至り、レンタル事業を決めた。「調べた限り、道内でフェラーリを借りられるサービスは他にない」(川村社長)と希少性を訴求したい考えだ。

 料金は1日11万円(税込み)、試乗は1万1000円。道民は基本料金が半額で、初回や60歳以上向けの割り引きがある。道内在住60歳の初回利用で1日4万4000円だ。予約は電話011(807)9980かウェブサイトから。

 同社は07年の設立で、川村社長を含め4人が働く。他にドローン撮影事業も取り扱っている。


関連キーワード: 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。