旧三ノ原小と旧黒田小の活用 留寿都村がプロポで公募

2022年03月17日 17時30分

施設と土地一括売却 4月28日まで受け付け

 留寿都村は、旧三ノ原小と旧黒田小の各活用事業者を公募型プロポーザルで募集している。地域活性化などに寄与する事業の実施を求め、施設と土地を一括で売却する。参加申し込みは4月28日午後5時、企画提案書は5月20日午後5時まで。いずれも持参か郵送(必着)で受け付ける。7月にも契約を締結する。

 旧三ノ原小は三ノ原276の1に位置し、敷地面積は1万7004m²ある。校舎(CB造、平屋、延べ866m²)は1965年、屋体(S造、平屋、延べ360m²)は71年にそれぞれ完成したが、09年に廃校した。

 旧黒田小は黒田178にあり、敷地面積は1万6154m²に上る。校舎(CB造、平屋、延べ196m²)は63年、屋体(W造、平屋、延べ180m²)は58年に完成。95年に廃校となった。

 最低売却価格は旧三ノ原小が566万円、旧黒田小が54万円。建物の改修などに要する費用は事業者負担とする。

 参加資格は法人。同一の応募者が2校の活用を希望する場合、それぞれ参加申込書を提出し、異なる内容で企画提案する必要がある。5月下旬にプレゼンテーションとヒアリング審査をし、優先交渉権者を決定する予定だ。

 問い合わせ・申し込みは総務課管財厚生係、電話0136(46)3131まで。


関連キーワード: 土地活用 学校 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ラピダス次世代半導体工場で起工式 
2023年09月01日 (2,149)
7月1日時点道内基準地価/ラピダスで千歳の地価上昇...
2023年09月19日 (1,594)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,562)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,496)
東日本高速道支社が道東道4車線化で2トンネルに着工...
2023年08月28日 (1,454)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。