パワーアシストスーツ普及目指し販売強化 北海道ポラコン

2022年03月22日 08時00分

労働者の負担軽減へ

 北海道ポラコン(本社・札幌)は、労働者の作業負担軽減につながる「アシストスーツ」の販売を強化する。製造メーカーのアトリエケー(同・兵庫県姫路市)の北海道総代理店になり、コンクリート製品会社として建設業に携わる経験やコンサルティング力を強みに、値ごろ感のあるアシストベルトやワーキングパワースーツの普及を目指す。

 100%子会社のR―e(本社・札幌)を中心に活動。健康関連事業で研究開発してきた3件のうち、抗菌性繊維と介護用ガウンは事業の道筋が見えてきたため、経営資源の選択と集中からアシストスーツは販売に特化する。

 アトリエケーのアシストスーツ4種を取り扱う。いずれも強力なばねの力で動作を補助し、作業時の体の負担を軽減するのが特長。国土交通省が導入を進めるパワーアシストスーツ(PAS)で言うところの〝パッシブ系〟に当たり、モーターやバッテリーなど機械が付かない無動力のため軽く、長時間着けても肩がこらない。

作業者の背筋力を強くサポートする
ワーキングパワースーツX(写真左)と、
アシストベルトのタスケル

 4種のうち、アシストベルトのタスケルは重い物の持ち上げや、同じ姿勢が長時間続く仕事に向けた製品。背面腰部分に装着したばね機構4本で作業時の動作を補助する。重量300㌘と軽く、メッシュ素材のため暑い季節でも着心地を損なわない。冬場の雪かき作業でも使える。価格は9900円(税込み)。発売は2021年10月で、受注ベース1万着に到達しそうな超人気商品だ。

 ワーキングパワースーツXは、特殊高反発ばねを内蔵したテープ2本を背面に配置し、作業者の背筋力を強くサポートする。腰部分はサポートベルトで守り、肩から太もも部分までストレッチテープでX線上に結ぶことで、膝から上の動作をバランス良く支える。価格は4万4000円(税込み)。

 このほか、ゴルフやテレワーク時でも手軽に使えるアシストベルトのラクニナ~ル(税込み8800円)や、工場での立ち仕事や中腰作業に効果的なワーキングパワースーツ極(同2万7500円)を扱う。腕や膝部分をサポートするオプション品もある。

 北海道ポラコンの中島康成社長は「腕を上げっぱなしにしたり、屈伸を繰り返したりするなど専門工事業の独特の動作に合わせたアシストスーツを提案できる。職種や工種に沿ったコンサルティングを展開し、現場の困り事を吸い上げる製品を普及させることで、建設業に貢献したい」と話している。


関連キーワード: 安全衛生

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,828)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,292)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,127)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,098)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,001)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。