コンクリート製サウナ用筐体「クベル」を開発 上田商会

2022年03月25日 09時00分

丈夫・移設可能、宿泊にも 攻めの商品で経営強化

 上田商会(本社・登別)は、コンクリート製のサウナ用筐体(きょうたい)「CUBERU(クベル)」を開発した。高い耐久性やデザイン性が特長。高さと幅が2300mmの立方体で、大型トラックで運べるよう重さは9.5tに抑えた。丈夫で移設可能なモバイルユーティリティーボックスとして宿泊スペースやイベント店舗など幅広く使ってもらいたい意向だ。

コンクリートの高い耐久性とデザインを特長とするCUBERU

 ボックスカルバートなどコンクリート製品の製造ノウハウを生かし開発した。10tトラックで運搬できるよう、壁の厚さを150mmに設計し重量9.5tを確保。サイズは高さと幅が2300mmで、最大6人を収容できるよう奥行きのみ2550mmに設定する。クベルにはCUBE(箱)とRU(動詞)を合わせた造語のほか、薪などをくべる(燃やす)の2つの意味を込めた。

 コンクリート製のため耐久性に優れ、シロアリや暴風の影響を受けないことが特長。1925年創業のコンクリート会社が積み重ねてきた信頼性も強み。土木や建築工事を必要とせず、造成された宅地や庭など地耐力のある土地なら最短1時間で設置できるという。

 専用型枠を使った継ぎ目のない作りで気密性が高く、サウナとして使用する場合は温度を維持しやすい。宿泊スペースとして活用する場合は冷暖房のエネルギーが逃げにくいため、高い省エネ効果が期待できる。

道産スギの室内造作と電気ストーブ、窓越しの景観が心地よい空間を演出する

 価格はコンクリート筐体のみで180万円。ガラスサッシや内装造作、吸排気を施した一体型は340万円(いずれも税抜き)。サウナ用として使う場合は電気ストーブか薪ストーブが別途必要になり、同社ではフィンランド・HARVIA製の電気ストーブ「CIRINDRO6」を推奨する。

 製品第1号は十勝サウナ協議会のお膝元である新得町の温宿くったり温泉レイクインに設置した。サウナで体を温めた後、水風呂代わりに凍った湖に入るフィンランド発祥の〝アヴァント〟を楽しめる施設。クベル内には道産スギの心地よい香りが広がり、HARVIA製の電気ストーブが体をすぐに温めてくれる。

 既存の土木や建築に加え、サウナなど追い風になっている市場に向けて攻めの商品開発をすることで、経営体質を強化するのが狙い。1次の生コン、2次のコンクリート製品、3次のモバイルユーティリティーボックスと事業を定着させたい考えだ。

 上田朗大社長は「クベルに対し、さまざまな形で利用価値を見付けてもらえればうれしい」と話している。


関連キーワード: 入浴施設 新製品

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,206)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,101)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,739)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,502)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。