移動手段の充実が必須 「BP開業」1年後に迫る

2022年03月27日 10時00分

 プロ野球のペナントレースがきょう25日、開幕する。北海道日本ハムファイターズは来春、札幌ドームから近郊の北広島市で建設中の新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」に拠点を移す。一帯は野球観戦以外にも宿泊や飲食、暮らしと多分野が融合する一大拠点に生まれ変わる。全国、全道が新たなまちづくりとして注目するが、交通アクセスの課題があるのも事実。移動手段の充実や周知徹底が求められる。

 新球場は12月に完成し、2023年3月に開業する。収容人数は約3万5000人。開放感ある造りで、バックネット裏の最前列はバッターボックスとの距離が投手よりも近い15m。迫力ある試合が間近で見られる。ホテルや温泉、サウナからの観戦と野球との親しみ方が変わる工夫が豊富だ。

 一帯は北海道ボールパークFビレッジ(BP)として、分譲マンションや農業学習施設、認定こども園などが並ぶ。多種多様な施設がそろうことで、野球の試合がない日でも楽しめ、多世代が集う空間となるだろう。

 BPは、まちづくりにも影響を与えている。北広島市は転入が転出を上回り、新型コロナウイルス感染症の拡大で暗い世相の中、明るい話題として存在する。このほど発表された公示地価の上昇変動率は、北広島市が商業地の全国1位となり、住宅地も全国1位に入っている。全国的に注目を浴びている証拠だ。

 ただ、交通アクセスに目を向けると、開業には間に合うものの、BP周辺道路の4車線化や新設される道道は工事中。国道とつながるアクセス道路は27年度の完成予定で、市が請願するJR新駅は早期の完成を目指し詳細を検討している。しばらくはJR北広島駅の混雑や付近を走る道路の渋滞は避けられない。

 これらを解消するため、ファイターズスポーツ&エンターテイメントや北広島市は既に検討を開始している。北広島市近隣では、JR新札幌駅からBPまでシャトルバスを運行する計画がある。アクセス方法を増やすことは経路分散、移動のストレス軽減になる。早期の情報発信で移動手段に合った分かりやすい説明を期待する。

 BPが目指すスローガンの「PLAY HUMAN」と、取材で耳にする「世界がまだ見ぬBP」というフレーズ。どちらも、ここから北海道の活力が生まれることを予感させる。一人でも多く、ここでしか体験できない時間を過ごせるよう、関係者のもてなしに期待したい。(建設・行政部 瀬端のぞみ)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。