過去最低の301万m³を想定 22年度道内生コン需要

2022年03月29日 09時00分

19地域が減少 札幌5%減の97.5万m³

 北海道生コンクリート工業組合は、2022年度の道内生コン需要量を301万7000m³と想定する。統計を取り始めてから過去最低の水準。全道29地域のうち19地域が前年度より下回ると考え、横ばいと増加を予想するのはそれぞれ5地域だった。最大市場の札幌は前年度より5%少ない97万5000m³をみている。

 各地の協同組合が打ち出した22年度需要見通しを集計した。官公需は122万3000m³で8%減、民需は179万4000m³で6%減を見込む。

 前年度より上回ると予想したのは西胆振(伊達や洞爺湖)、北根室(標津や羅臼)、十勝、富良野、宗谷の5地域。19地域が下回ると予想し、消波ブロックやトンネル工事などで旺盛だった留萌は、反動減から35%近い落ち込みを想定する。

 札幌は、員外工場を含む市場全体で97万5000m³を想定する。このうち民需は88万3000m³で2%減をみている。

 21年度は、市内中心部や新さっぽろ駅周辺地区の再開発、マンション建設で夏まで堅調に推移したが、10月から歯止めがかかり、22年2月は大雪の影響などが出荷に影響した。

 旭川は横ばいの11万m³を想定する。21年度は千代田小改築やヘルスケアコンドミニアム新築、弁釜旭川工場移転新築などがあった。22年度はロジェの宮下通11丁目MS新築や旭川市の総合庁舎改築、東神楽町の複合施設整備など継続案件に加え、大和ハウス工業の分譲タワーマンションなどを抱える。

 富良野は19%増の7万m³を予想する。21年度は市庁舎やJAふらのタマネギ選別施設新設など建築向けが活況で、22年度は下御料地区のリゾート開発や十勝岳火山噴火泥流対策の砂防事業などに期待が集まる。

 北海道新幹線札幌延伸に関連したトンネル工事を抱える小樽は12万3000m³で3%減を予想し、北渡島(長万部や八雲)は19万1000m³で0.5%の微減をみている。

 21年4月から22年2月までの道内出荷量は317万6600m³で前年同期比2%減だった。例年3月は15万m³前後出るため、道工組は「最終的に330万m³は超え、過去最低の320万m³は回避できそう」とみる。一方で22年度は札幌を中心に出荷の端境期に当たり、「引き続き厳しさは変わらない」と分析する。

 北海道建設新聞2022年3月28日付3面には、全道29地域別の需要見通しをまとめた表を掲載しています。閲覧は新聞本紙をご覧ください。


関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,089)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,705)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,223)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,753)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,424)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。