上厚真にZEH建設促進 ゼロカーボンタウン整備構想

2022年04月07日 17時05分

厚真町が脱炭素化加速へ

 厚真町は、上厚真地区にゼロカーボンタウンの整備を構想している。対象面積は約5ha。太陽光をはじめ再生可能エネルギーを活用するほか、高断熱、高気密、省エネ住宅(ZEH)の建設を促すための支援などを進める。災害にも強いまちづくりを目指す。

「ゼロカーボンシティあつま」を宣言する宮坂町長

 宮坂尚市朗町長が6日、役場庁舎で「ゼロカーボンシティあつま」を宣言。既にエネルギー地産地消事業や北海道胆振東部地震で被災した森林の再生事業などを実施しているが、宣言によりさらに脱炭素を加速する。

 エネルギー地産地消事業は、再生可能エネルギーを効果的・効率的に活用し、エネルギー自給や地域循環の取り組み推進、非常時の防災強化を図るもので、事業規模は約12億円。スポーツセンターや学校給食センターなどに太陽光発電や蓄電池、木質バイオマス発電を整備している。今後はバイオマス発電の排熱を使ったイチゴ栽培用ハウスの建設にも取り組む。

 町は2018年の胆振東部地震で多くの森林が被災。約3000haにわたる森林の再生を進めることで、CO₂吸収源の確保にも努める。

 町内では年間約27万㌧のCO₂が排出され、うち約6万㌧が公共や民生部門。ここをターゲットにCO₂排出の実質ゼロを目指す。

 町はゼロカーボンの達成に向け、エネルギー地産地消と森林再生、ゼロカーボンタウン整備の3本を柱に据える。宮坂町長は「ゼロカーボンをコンセプトに、カーボンニュートラルな街区を整備したい」と述べ、対象地域として上厚真地区を想定する。

 街区内ではZEHの建設を促進するほか、学校や避難所へのエネルギーの提供方法についても検討。今後策定予定の立地適正化計画などとも整合性を図りながら、数年内に整備する方針だ。


関連キーワード: エネルギー 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,063)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,213)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,189)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,713)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,312)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。