地下資源開発担う人材育成へ 掘削技術専門学校が開校

2022年04月13日 14時30分

約80人が祝福した

 地下資源開発を担う人材の育成へ―。掘削技術専門学校の開校式・入学式が11日、白糠町社会福祉センターで開かれた。関係者約80人が出席し、国内初の育成機関開校と1期生の入学を祝った。

 不足する掘削技術者の育成を目的に、ジオパワー学園の沼田昭二理事長が設立。「日本の地下資源の開発、発展に主体的に行動できる人材の育成」を建学の理念とする。2021年6月に道が設立を許可し、9月ごろから募集を開始。1期生の男子4人が専門家の指導を受けながら1年かけて学ぶ。

新入生を代表し大野さんが決意を表明

 沼田理事長は「掘削は大気中のCO₂を地中に貯留するCCSや、洋上風力発電の探査、地震計設置など、あらゆる場面で必要。授業で用いる資機材は20社を超える企業から無償提供していただいた。日本のエネルギー自給の課題解決に役立つ学校になるはず」と期待した。

 来賓の棚野孝夫町長は「これまでのご縁に感謝し、歓迎する。町内では、大規模太陽光発電や木質バイオマス発電所誘致、庶路ダムでの小水力を活用した水素サプライチェーンの実証、地熱利活用に向けた可能性調査が進められている。今後も再生可能エネルギーの導入を積極的に推進する」と話した。

 井上政史校長は漢詩を引き合いに出し、「一日に千里の道を駆け抜けられる馬はたくさんいるが、才能に気付く伯楽がいなければ活躍はできない。本校の講師は安全教育、資格指導でも伯楽の集団」と強調。「1年の学びは楽ではないが、一人一人が掘削技術の道を駆ける千里の馬になってもらいたい」と激励した。

 最後に、新入生を代表し大野拓巳さん(23)が決意を表明。「将来の日本のエネルギー資源開発で貢献できる人材になれるよう努力する」と抱負を述べた。


関連キーワード: 学校 技能 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,230)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,221)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,571)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,524)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,509)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。