下水終末処理場設備更新へ 中標津町が19日に公告

2022年04月13日 17時35分

 中標津町は下水終末処理場の機械・電気設備の更新を予定している。2022年度予算で工事請負費3億3550万円を確保。19日に一般競争公告し、5月25日に入札する見通しだ。

 東35条北6丁目1の下水終末処理場は1985年4月に供用を始めた。規模はRC造、地下1地上2階、延べ7272m²。21年3月末時点の処理人口は1万8801人、処理能力は1万1425m³となっている。

 ストックマネジメント計画に基づき、耐用年数を過ぎた水処理棟反応タンクの設備を更新する。設計は日水コンが担当した。機械は散気装置や、攪拌(かくはん)機、ブロワ、電気は負荷設備の更新が中心となる見込み。23年2月の完成を目指す。

 このほか、町内に9カ所あるマンホールポンプ所のうち、2カ所で電気設備更新を予定。工事請負費に3800万円を充てる。


関連キーワード: 下水道 根室

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,569)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,741)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,325)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,216)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,123)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。