道の駅中継輸送拠点実証実験 運転・拘束時間やCO₂削減

2022年04月15日 08時00分

 北海道開発局は13日、道の駅を拠点とした中継輸送の実証実験結果を公表した。ドライバー1人当たりの運転・拘束時間を削減したことで輸送費用が低減したほか、トラックからの二酸化炭素(CO₂)排出量も並行して軽減。カーボンニュートラルの取り組みに寄与するものとなった。一方、荷物集荷のタイミングを合わせるための工夫などが今後の課題として上がっている。

24年から始まる時間外労働規制に対応するため、運送事業業者らを支える施策を展開する

 実証実験は2021年11月9―12日の午前中、旭川開建とヤマト運輸が道の駅「もち米の里☆なよろ」で実施。札幌―枝幸間の単独輸送を、同駅でトレーラーヘッドを交換する中継輸送に切り替えて比較した。

 単独輸送は片道約300kmの道のり。ドライバーの拘束時間(運転、休憩、荷役などに要する時間)は往復で約13.5時間に上る。

 これを中継輸送とした結果、札幌―名寄―札幌のルート(A)では拘束時間が約8.5時間となり、約5時間低減。枝幸―名寄―枝幸ルート(B)では約7.5時間と、約6時間低減した。

 人件費・トラック燃料費・高速道路料金などの輸送費用は、単独輸送時の約14万円に比べ、A・Bルートの合算で約45%減の約7万8000円に縮減。輸送に必要な燃料が低減され、CO₂排出量は約950kgから約50%減の約480kgにとどまった。

 今後の課題・ニーズについて、運送事業者からは「実験期間中は荷物集荷のタイミングが合わず、片荷輸送のケースがあった。輸送効率をさらに高める工夫が必要」などの意見が上がった。あるドライバーは「一般車両と分離した動線、専用の駐車スペースなどがあるといい」と話している。

 開発局は、同駅での実験を22年度も継続。夜間時やトレーラー以外の中継輸送の可能性などを探る方針だ。他の道の駅への水平展開を見据え、中継輸送に必要なスペースなどの課題整理を進める。


関連キーワード: エネルギー 物流 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,206)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,101)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,739)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,502)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。