WTO対象の北村排水機場機械を第2四半期に公告 札幌開建

2022年04月18日 17時10分

 札幌開建は、北村遊水地整備に伴う補償工事で北村排水機場機械設備製作据え付けを第2四半期(7―9月)に一般競争公告する。WTO政府調達協定案件で、工事規模は6億8000万円以上15億円未満。工期は19カ月で、2カ年国債を設定する見通し。

 1981年8月に発生した戦後最大規模の洪水を教訓とし、再度災害を防ぐことを目的に、2007年に石狩川下流河川整備計画を策定した。同計画に基づき、12―26年度で岩見沢市北村地区の農地に遊水地を整備している。

 遊水地の面積は岩見沢市、月形町、新篠津村にまたがる950ha。洪水調整容量は4200万m³、事業費は700億円を試算している。

 遊水地整備に伴い、95年度に札幌開建が整備した北村排水機場を、石狩川沿いから旧美唄川沿いへ移設するもの。詳細設計は開発工営社が担当した。21年度に排水機場本体を草野作工で進めた。

 22年度に発注する工事概要は、主ポンプ3台、主原動機3台、減速機3台、電源・操作制御・自家発電設備2台、コントロールセンター・監視操作卓・操作盤、系統機器設備の製作と据え付け。

 同事業における補償工事は、現時点で北村排水機場移設のほか、農業用水施設の移設や道道岩見沢月形線の線形改良などが残っている。


関連キーワード: 河川 治水 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (16,677)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,418)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (6,552)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (5,926)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,830)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第30回「職業的背景で変わる視点」。経営には慎重かつ大胆なバランスの良い判断が必要となります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。