北海道の魅力発信 開発局がオフィスキューと連携協定

2022年04月21日 09時00分

 北海道開発局とクリエイティブオフィスキュー(本社・札幌)は19日、本道の魅力発信に向けた包括連携協定を締結した。締結式は札幌市内の同社ビルで開催。橋本幸開発局長と伊藤亜由美社長が出席して協定書にサインを交わした。同社は、開発局が6月ごろに主催する「2050年の北海道の姿を考える懇談会」に参加予定。エンターテインメント事業者ならではの着想で、議論に厚みが出ると期待されている。

協定を結んだ橋本局長(右)と伊藤社長

 連携項目は①食や観光を通じた北海道の魅力発信②北海道の地域振興や地域活性化に資する取り組み③生産空間の維持・発展に向け両者が連携・協力することができる取り組み―の3点。

 直近では、民族共生象徴空間(ウポポイ)のオフィシャルサポーターとして、タレントの大泉洋さんらTEAM NACSが広報宣伝に協力。21年度に開発局が実施した動画コンテストには審査員として森崎博之さんが参加するなど、協定締結以前から連携を取っていた。

 6月ごろの懇談会は、開発局と連携協定を結ぶ本道のリーディングカンパニーが参加。次期北海道総合開発計画を夢とリアリティーが両立したものとするため、民間企業の発想などを聴取したい考えだ。

 今回の協定締結に当たり、橋本開発局長は「コンテンツ創造や地域活性の取り組みなど、一緒に何ができるか考えること自体が開発局にとってチャレンジになる」と熱弁。

 伊藤社長は「本道の景観・食の優位性を再認識して伝えることで、世界の北海道となるチャンスが生まれる。サプライズ&ハッピーの理念で取り組む」と見据えた。


関連キーワード: 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,089)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,705)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,223)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,753)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,424)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。