道営住宅のCLT化へ本格的な検証 道水産林務部

2022年05月09日 09時00分

道産木材の需要拡大狙い

道産材で木質化した道庁ロビー。木材の魅力を発信する

 道は、2022年度から道営住宅の将来的なCLT(直交集成板)化に向けて本格的な検証を進める。技術革新で中高層の木造建築が可能になったことから、道産木材の需要拡大と、ゼロカーボン社会の構築に貢献したい考えだ。併せて木造建築物を登録する道の制度「HOKKAIDO WOOD BUILDING」(HWB)を通じて民間木造建築をPRし、道産材の知名度向上を後押しする。

 国内では、政府が目指すゼロカーボン社会の実現に向け、生育過程で二酸化炭素(CO)を吸収し、建築材として貯留できる木材に注目が集まっている。中でもCLTはコンクリートより軽く、工期も短く抑えられることから、住宅・非住宅の構造材として活用と研究が進む。

 同部は年度内に木材、建設、金融、研究機関など各分野が参加する「木造建築の新技術に関する協議会」を開く。建築基準法では3階層を境に求められる耐火水準が厳しくなることや、資材費用や生活騒音などで課題も想定されることから、4階建ての道営住宅をモデルに机上でCLT化した場合の強度や耐火、遮音、耐震性などを検証する。

 CLTを巡っては、同部が16年度に「道産CLT利用拡大に向けた推進方針」を策定。26年度までに年間CLT生産量5万m³の目標を打ち出した。

 現時点の年間CLT生産量は約1300m³で、生産は協同組合オホーツクウッドピア(北見)のみ。水産林務部林業木材課の冨成努課長補佐は「国の設備投資支援制度の活用を促し、生産体制を整えたい」と話す。

 近年道内では、三菱地所のザロイヤルパークキャンバス札幌大通公園や竹中工務店の自社FMセンターなど、木材を使った民間大型建築物が次々と誕生。いずれもHWBに登録している。

 竹中工務店の西居昭彦北海道支店長は「木材は重要なキーワード。道産材を使用することで企業のブランディングが高まるのでは」と期待する。

 道でも、道庁ロビーを道産材でリニューアルするなどPRに力を入れる。「今後の需要の高まりに応えられるよう、林道路網整備などを通じた供給体制確保が必要。伐採期を迎えた木も多く、伐採と植樹により山の若返りも図りたい」(冨成課長補佐)と展望している。


関連キーワード: 北海道庁 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,520)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,316)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,544)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,106)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,726)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。