1億円目指して温泉施設建設にCF そらと中札内村

2022年05月08日 10時00分

 中札内村は、そら(本社・帯広)が村内で建設する温泉施設の事業費の一部を、ふるさと納税型クラウドファンディング(CF)で募集している。12月までに支援者1万人、建設費1億円の達成を目指す。

 萩原建設工業で2021年11月下旬に着工した。規模はRC造、平屋、延べ930m²。事業費は7億円で、温泉やサウナ、外気浴、休憩スペースを完備する。温泉は、そらの子会社で帯広市にあるふく井ホテルから毎日運び込む。

 テーマは「『なぜ十勝』を『だから十勝』に」。中札内村にある「フェーリエンドルフ[MAP↗]」内に建てる。名称は、エアポートスパ。とかち帯広空港が近く、道内外からの観光客にも対応する。担当者は「空港から15分圏内に同じような施設がなかった。気軽に寄ってもらえるような施設になれば」と話す。

 返礼品は村特産の鶏肉や、十勝地方の名産品を用意。新築する温泉施設の回数券やグランピング施設利用券もあり、豊富な選択肢も売りの一つだ。

 現在、フェーリエンドルフの敷地33万m²内にはコテージ50棟、冷燻工房1棟、スイートルーム2棟が建っている。このうち、冷薫工房もふるさと納税型CFを活用。21年7月から同12月までに目標5000万円、寄付者1000人を突破した。

 担当者は「温泉に入って宿泊、工房に立ち寄ってもらえる流れができたら」と期待する。(帯広)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。