2棟8戸の主体2件を近く指名 日高町新栄団地建て替え

2022年05月12日 16時00分

 日高町は建て替えを進めている公住新栄団地で、2022年度は2棟8戸を建設する。各棟を主体、電気、機械に分割して6月上旬に指名競争入札。主体は近く指名する。23年度以降は11棟44戸の建設を予定している。

 新栄団地は富川北7丁目にあり、建物の老朽化に伴い25棟96戸を14棟56戸に再編する。21年度に着工した。

 新住棟は1棟当たりW造、平屋、延べ280m²の規模で、1LDKを1戸、2LDKを2戸、3LDKを1戸設ける。

 初年度は1棟4戸を建設。主体は中村産業(落札額税抜き8500万円)が担った。

 22年度建設の住棟は23年1月中旬の完成を目指している。

 23年度以降も年に1、2棟建設する計画で、いずれも主体、電気、機械に分割して発注する。23年度の建設に向けた実施設計と地質調査を10月に入札する予定だ。

 建設と並行して進める解体は、22年度は実施しない。23年度は4棟16戸を計画。以降も毎年取り組み、28年度までに全25棟96戸を終える見込みだ。

 29年度に隣接する公園を整備し、事業完了となる。


関連キーワード: 住宅 建築 日高

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,095)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,030)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,155)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,740)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,552)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。