建屋改修、撹拌機を更新 天塩町の下水道終末処理施設

2022年05月13日 17時00分

24日にも指名 資材不足懸念し工期長めに

 天塩町は、下水道終末処理施設の天塩クリーンセンターの建屋改修と撹拌(かくはん)機更新をそれぞれ24日にも指名し、6月6日に入札する。外壁などの長寿命化を図る。資材不足の影響を考慮し、工期は余裕を持たせる方針だ。

塗装塗り替えなどをする天塩クリーンセンター

 川口1464の49に位置する同施設は、2000年5月に供用開始した。施設規模はRC造、地下1地上3階、延べ2397m²ある。処理方式はオキシデーションディッチ法を採用し、1日当たりの処理能力は1660m³。処理した汚水は天塩川に放流している。

 建屋は経年劣化のほかに、塩害の影響も受けている。このため外壁全面にわたる1420m²を塗り直す。屋上防水はアスファルト防水530m²と200m²でFRP防水を施す。正面玄関の扉も立て付けが不良のため取り換える。事業費は9760万円を試算する。

 撹拌機は2基あり、どちらも供用開始時から使用している。このうち1基の更新に900万円を見積もる。

 工期は建屋改修と攪拌機更新のどちらも23年3月を見込む。建設課では、新型コロナウイルス禍による物流の停滞や資材不足を懸念し長めに設定したとしている。


関連キーワード: 下水道 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (13,983)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,215)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,086)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,514)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,287)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。