AIで労働時間削減 阿部建設などが成果報告会

2022年05月13日 17時20分

阿部建設本社から取り組み内容を伝えた

 阿部建設(本社・小樽)などコンソーシアムは12日、「中小建設業のAI化による生産性改革の提言―書類削減の試行―」と題した成果報告会をオンラインで開いた。AI・IoTの活用で監理技術者の労働時間が減らせることを報告した。

 阿部建設を代表に環境風土テクノ、北大、立命館大、北海道産学官研究フォーラム、建設IoT研究所で構成するコンソーシアム。2021年度の国土交通省「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に採択された。小樽開建発注の5号仁木町銀山大橋P5橋脚で、IoTなどを用いた労働生産性の向上を図った。

 阿部建設の佐藤昌宏土木部長は、試行工事での映像代用による監理技術者の負担軽減効果について説明。遠隔臨場に抵抗感を持つ技術者がいると分析し、その背景にはモニターの大きさや不安定な通信環境による映像の乱れなどがあるとした。

 同社は、ウエアラブルカメラのほか360度カメラ、ネットワークカメラ、スマートフォンカメラを複数台併用し、現場全体を確認できるように工夫。映像を確認するモニターも増やし、より臨場感あふれる映像を見られるようにした。

 翻訳レコーダーによる議事録要約自動作成、写真計測による3次元再構築、書類の作成を映像記録で代用するなど、AI・IoTを活用する試行に取り組んだ。

 この結果、監理技術者の労働時間を1日当たり2時間41分減らせることが分かった。佐藤土木部長は「負担軽減に有効で、実践できるものと期待する」と話した。

 このほか、推進室を設けてDXを積極展開する堀口組(本社・留萌)の湯浅勝典常務が自社の取り組みを情報提供するなどした。


関連キーワード: ICT 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (13,983)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,351)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,165)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,612)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,373)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。