5%減、322億円受注 後志管内土木3官庁21年度工事実績

2022年05月18日 16時00分

首位は協成建設工業

 後志管内土木3官庁の2021年度業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。前年度より1者少ない138者が4.9%減の322億3039万円を受注。首位は協成建設工業で、11件、19億9181万円を積み上げた。

 小樽開建、小樽建管、後志総合局農村発注分を対象に税抜きの落札結果を集計した。共同体は出資比率に応じて配分。20年度末発注のゼロ国債、ゼロ道債、翌債、年度末契約分は全額、多年度債は21年度支払い分をそれぞれ計上した。

 協成建設工業は開建の5号仁木町余市川橋下部、建管の泊共和線防災安全B地方道茅沼3号橋下部ほか補正・繰越などを射止めた。

 2位は福津組で、開建の5号共和町共和除雪ステーション第一車庫新築など11件、17億5910万円を獲得した。僅差の3位は吉本組。寿都漁港南埠頭建設や石狩湾新港防波堤建設など開建発注工事を中心に、12件、17億5695万円を積み上げた。上位19位までを管内業者が占めた。

 機関別の受注額は、開建が1.2%減の207億7538万円、建管が10.1%減の101億2905万円、総合局農村が16.5%減の13億2594万円だった。

 地域別で見ると、管内業者は5者多い75者が1.7%増の243億2695万円を獲得。受注額に占めるシェアは75.5%と4.9ポイント拡大した。管外の道内業者は5者少ない46者が8%下回る50億7778万円を受注し、シェアが0.6ポイント縮小の15.7%だった。

 道外業者は1者少ない17者。36.4%減の28億2565万円にとどまり、シェアは8.8%で4.3ポイント下降した。


関連キーワード: 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。