十勝建築デザインを発信 首都圏の大学生3人が冊子作製

2022年05月23日 17時10分

 十勝の建築デザイン業界の魅力を「人間味あふれる」「楽しんで働いている」「人に寄り添った仕事ができる」と話すのは首都圏の大学に通う3人の学生。NPO法人ETIC(本部・東京)主催の地域実践型インターンシップで、業界の人材不足解決をテーマに調査した。21日に成果品となる22ページの冊子が完成。3人が感じた仕事のやりがいや十勝で暮らす魅力を詰め込んだ。

業界と十勝の魅力を詰め込んだ冊子が完成した

 創造設計舎(本社・帯広)の浜野祥一副社長とコーディネーターを務めたCultura(同)がプロジェクトを考案。浜野副社長は「人材不足は厳しく、10年後には廃業する設計事務所も出てくる。十勝も建築デザインもそれぞれ魅力があるので、伝えるものを作りたかった」と話す。

 参加したのは横浜国立大経営学部2年の徳永裕隆さん、東洋大国際学部国際地域学科3年の斎藤優奈さん、横浜市立大国際商学部3年の徳増伶太さん。建設業と接点のない3人は2月から帯広市など十勝管内に1カ月滞在し、建築デザインについて50人以上の関係者から話を聞いた。

 冊子は設計事務所へのインタビューや十勝で生活して感じたことを盛り込んだ。徳永さんは「十勝の体験を最大限に詰めた。これだけで人材不足解消にはならないが、一つの糧になれば」とまとめた。

 道の駅おとふけが印象に残った徳増さんは「少しずつ完成する様子が見られたのは良い経験」と話した。認定こども園の現場を見た斎藤さんは「子どもの年齢を配慮したデザインに人間味を感じた」と振り返った。

 浜野副社長は「インターンは学生も企業も受け身になりがちだが、一つの課題解決へ主体的に取り組めるのが良かった。建築以外を学ぶ学生と接し、自分も今後の仕事で参考にできるスキルを学べた」と話す。

 完成した冊子は取材協力者に配布し、今後は十勝管内の中高生に配ることも検討。インタビューの全文はSNS「note」で公開している。

首都圏の大学生らによる冊子は、下記のページから閲覧できます。


関連キーワード: 十勝 設計

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,095)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,030)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,155)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,740)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,552)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。