苫小牧に道内初拠点の実験施設開設 土木管理総合試験所

2022年05月25日 09時00分

土質調査やボーリング、ドローン飛行 農業分野でも期待

 土木管理総合試験所(本社・長野県千曲市)は、苫小牧市植苗に「ジオロボティクス研究所」を開設した。道内に拠点を置くのは初めて。土質調査やボーリング調査、ドローン飛行など各種実証実験や研究を進めることができる。建設業だけでなく、農業分野での活用も期待されている。

苫小牧市植苗に開設した研究所

 同社は、北海道ソイルリサーチ(本社・苫小牧)と土質試験や地質調査、環境調査、ボーリング調査などの業務分野で提携しているほか、住宅パイル工業(同)とフランチャイズ提携を結んでいる。

 両社とのつながりや事業用地が見つかったこと、公共事業への貢献などを視野に道内進出を決めた。

 北海道支店を併設するジオロボティクス研究所は、S造、3階、延べ957m²の規模で、敷地面積8943m²。広さ400m²、高さ11mの屋内地盤ヤードでは地盤調査のほか、ドローンを飛ばすことが可能だ。屋外のアスファルト舗装盛り土コース(40×6m)や地盤ヤード(43×19.5m)、模擬床版コース(10×3m、2レーン)を完備する。

レーダーを搭載した車両で埋設物の調査などができる
屋外の地盤ヤード

 施設内にはミーティングルームや50人ほどが収容できる会議室も設置されていて、ボーリング調査や技術開発、新工法の研究、ドローンの飛行訓練、セミナーの開催などに利用できる。各種実験施設を完備するのは同社として全国で初めて。

 所在地は苫小牧市植苗168の1、電話0144(58)3055。4月から業務を開始した。

 吉田達哉所長は「今後は各種団体と連携したり、ドローンやロボットが使える人材育成などにも力を入れたい。幅広く使用することができるため、多くの人に利用してほしい」と話している。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,206)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,101)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,739)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,502)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。