初のECIで鹿島JVと契約 三笠ぽんべつダム建設1期

2022年05月26日 09時00分

 札幌開建は24日、北海道開発局としては初めて技術提案・交渉方式(ECI方式)技術協力・施工タイプを採用した幾春別川総合開発事業三笠ぽんべつダム堤体建設第1期のうち、技術協力業務を鹿島・飛島建設共同体と契約した。今後は、優先交渉権者として設計段階から関与し、価格等の交渉に折り合いがつけば工事契約を締結する。予定工期は技術協力が11月28日、施工が2027年3月17日まで。

三笠ぽんべつダムの完成イメージ図(札幌開建提供)

 ECI方式は、発注者が仕様を確定できない困難な工事や、高度な技術が求められる工事を対象に実施。技術協力・施工タイプは、技術提案で選定された優先交渉権者と技術協力の契約を締結後、提案を踏まえて価格等を交渉して工事契約を締結する。施工者のノウハウを設計に反映できるなどのメリットがある。

 幾春別川総合開発事業で新設する三笠ぽんべつダムは、日本初の流水型台形CSGダム。高さ53m、堤頂長173・5m、総貯水容量862万m³。22年度以降の事業費として三笠ぽんべつダムで約304億円、同事業の新桂沢ダムとの共通経費として約32億円を試算している。

 ダム堤体建設第1期を21年12月28日付でWTO対象の公募型プロポーザルで公告。対象は一般土木かつ土木関係コンサルの単体、一般土木・土木関係コンサルの特定共同体で、今回の契約は土木関係コンサルを対象とした設計を随意契約した形となっている。


関連キーワード: ダム 入札情報 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,368)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,091)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (3,944)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,645)
感動届ける施設に 日ハム新球場エスコンフィールドが...
2023年01月10日 (2,569)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。