賃貸教員住宅の設計、建設、管理を委託、7月公告 標津町

2022年05月26日 17時05分

1棟4戸を建設へ

 標津町は民間賃貸教職員住宅建設助成事業として、1棟4戸の整備に関する業務を7月にもプロポーザル方式で公告する。民間に設計、建設、管理を委託する町として初の取り組み。8月にも事業者を選定する。民間の活力を取り入れ、よりよい住まい環境を目指す。

 2021年3月末時点で町が管理する教職員住宅32棟38戸のうち築40年以上が42%に上り、年平均で700万円以上の補修費がかかっている。

 老朽化対策と計画的な維持管理は喫緊の課題となっている。古い職員住宅は部屋数が多く、単身者には広すぎるなど多様なニーズに対応できていないのが現状だ。

 町はこれらの課題に柔軟に対応できるよう、賃貸型教職員住宅建設につき、1戸あたり250万円を助成する制度を創設。22年度予算に4戸分の1000万円を計上した。

 建設予定地は南1条西4丁目7(敷地面積793m²)の町有地で、無償貸与する。W造モルタル、平屋の2棟4戸(延べ60m²、64m²)があったが、老朽化が進んでいたため21年度に除却した。

 計画する1棟4戸は、単身者用を念頭に置いた間取りとなる見込み。23年3月の完成を予定する。


関連キーワード: 住宅 根室

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,050)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,863)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,751)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。