洋上風力拠点化へ 市が室蘭港崎守埠頭の代替施設確保要望

2022年06月01日 17時35分

基地港湾指定が前提

 室蘭市は、室蘭港の洋上風力発電拠点化等に向けた支援を国に要望している。海洋再生可能エネルギー発電設備等拠点港湾(基地港湾)指定が前提。崎守埠頭を拠点化した場合の既存利用者の代替施設確保などを求めている。室蘭地方総合開発期成会の2023年度重点開発要望に新規で盛り込んだ。

洋上風力発電拠点化への期待がかかる崎守埠頭

 市は室蘭港の港湾管理者として基地港湾指定を目指す。基地港湾は洋上風力発電施設の部材を扱うため、港湾機能として大型貨物船が接岸可能な大水深岸壁や、作業スペースとなる広大な背後地が備わっていることが求められる。

 室蘭港は崎守埠頭と祝津埠頭が条件を満たすとされるが、基地港湾に指定された場合、発電事業者と国土交通省との間で最大30年間の長期貸し付け契約を交わし、発電事業者が岸壁を占用する形となる。

 祝津埠頭は、クルーズ船が寄港するなど年間を通して多目的に利用する方向性が決まっているため、発電事業者による占用は難しい。市港湾部では「室蘭港内で拠点化に向けた施設となりうるのは崎守埠頭」と話す。埠頭に隣接して楢崎製作所や五洋建設室蘭製作所なども立地する。

 崎守埠頭の岸壁延長は1500m。北外防波堤基部側から1号岸壁(水深10m、延長185m)2号岸壁(同)、3号岸壁(同)、4号岸壁(水深12m、延長240m)、5号岸壁(同)、6号岸壁(水深14m、延長280m)、7号岸壁(水深10m、延長185m)があり、背後地は17haに上る。

 要望によると、崎守埠頭を拠点化した場合でも荷役をしている企業が岸壁使用を継続できるよう代替施設の確保を求めている。拠点化するのは一部の施設で、コンテナヤードとして使用頻度が高い6号岸壁は「占用は難しい」(同部)という。

 このほか、長期的な取り組みとして、水素などの国際輸送ルート検討時に室蘭港の活用を要望。同部では「港内は静穏度が高く水深が備わっている。大型船で輸送可能なためコスト面で貢献できる」と期待する。


関連キーワード: エネルギー 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,465)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,102)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,296)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。