公設民営で複合施設 白糠町のバスターミナル建て替え構想

2022年06月07日 16時30分

図書館機能を付加

 白糠町は建て替えを計画するバスターミナルについて、にぎわいの拠点とするため、公設民営で図書館機能を備えた2階建ての複合施設を構想している。JR北海道との協議を並行し、2027年の供用開始を目指す。

 JR白糠駅東側の東2条南1丁目300のバスターミナルビル(RC造、2階、延べ329m²)は、旧国鉄白糠線が全国で最初に廃線となったのを受け1983年に整備。コミュニティーバスの発着など地域交通の要衝となっているが、老朽化のため建て替える。

 21年度に事業手法の検討をドーコンに依頼。当初は公営住宅が入る5階建てを構想していたが、民間事業者によるアンケート結果で費用や家賃設定、入居者の継続的確保は難しいと判断された。

 そのため新施設は2階建てとし、世代を問わず集まれるにぎわいの場を目指す。バスターミナルや図書館機能、白糠線を振り返る展示も検討。高さは10mを確保し、屋上を災害時の避難場所とする。

 駅東側の老朽化した跨線橋はJR北海道が架け換える予定。架け換え後は屋根付きで、複合施設2階にアクセスできるようにする。

 年度内に基本設計や地質調査、解体、仮設バスターミナルの設置、旧白糠線の情報収集業務を終える。23年度に実施設計を進め、24年度以降に着工する。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。