参加1者で入札中止 留萌市の浄化センター電気設備更新

2022年06月08日 16時35分

全道的な工事集中が影響か

 留萌市は、留萌浄化センターにある最終沈殿池汚泥かき寄せ機の電気設備更新について、公募型指名競争入札で公告していた入札を中止した。市は入札契約の規定に従って参加申請した1者と月内に随意契約する意向。上下水道課は、全道的に上下水道施設の更新期に入り、工事の集中から業者が参加を見合わせたのではと要因の一端を分析している。

 船場町1丁目54にある浄化センターは1992年に供用開始。最終沈殿池棟が入る水処理棟(延べ2417m²)と汚泥棟(延べ1116m²)、管理棟(延べ1822m²)で構成し、全てRC造、2階の規模からなる。

 最終沈殿池の汚泥かき寄せ機の電気設備は、中央監視装置のソフト書き換えや補助継電器盤の更新などを計画。5月16日に公募型で公告し、参加資格は電気、申請を5月25日まで受け付けていた。しかし参加業者が1者しかいなかったため、市の規定により入札を取りやめることとした。

 市では、21日に汚泥かき寄せ機の機械設備更新と監理の入札も予定しているため、電気設備は近く随契し対応を急ぐ。電気と機械を合わせた工事費には2億円ほどを試算している。

 上下水道課の担当者は、入札中止の経緯について「全道各地で上下水道施設の改築や更新をしているため、業者が対応しきれないのでは」との見解を示す。全国的に資材高騰が問題となる中、現時点で工事費の増額には至っていないと、積算価格の不十分さには否定的。

 工期は2023年3月までだが、半導体の調達難にも神経をとがらせ「受注者から申し出があった場合には対応が必要となるだろう」と話している。     (留萌)


関連キーワード: 下水道 入札情報 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。