ほ場大区画化へ30億円 留萌振興局の中山間大椴子川地区

2022年06月08日 17時00分

計画見直し3.5億円増 公共事業評価専門委「継続妥当」

 留萌振興局農村振興課は、中山間地域型大椴子川地区(小平町)の工事着手に向けて調査を進めている。ほ場の大区画化を主としていて、集約する農地の見直しなどをした結果、総事業費は3億5000万円増額し30億円となった。5月20日の道の公共事業評価専門委員会で継続妥当と判断された。2022年度は、21年度の調査を踏まえ経済効果の検証を進める。

 同地区は、21年度の調査計画地区として選定された。小平町の北部に位置し、大椴子川沿いに広がる水田地帯。受益面積は88.1ha、受益戸数は10戸となっている。水稲を中心に小麦や大豆を組み合わせた複合経営を展開している。

 ほ場の平均区画が30a程度と狭小な上、不正形な部分が点在する。耕作道や支線用排水路が未整備といった課題も抱える。

 調査は21―22年度の2カ年で実施する。効率的な営農や担い手の集積といった課題に対応した農業基盤整備につなげる。

 21年6月時点では、総事業費26億5000万円と試算。ことし2月までに受益者と協議し計画の見直しを進めてきた。ほ場の大区画化をする上で、1区画に取り込む面の数量を増やしたことや、耕作橋の設置などを追加。排水路の設置数量を減らすといった一部事業量の減少もあったが、事業費は増額となった。

 工事着手時期は、23年度から実施予定の調査設計に投じる期間をみて判断するため未定。農村振興課では早期着工を目指してはいるものの、設計期間を23、24年度の2カ年とすることも想定している。


関連キーワード: 北海道庁 留萌 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。