フライアッシュでセメント量抑制 低炭素型コンクリ

2022年06月11日 10時00分

上田商会が販売 売り上げ一部をコンサドーレ札幌のSDGsプロジェクトに寄付

 上田商会(本社・登別)は、製鉄所の高炉スラグや火力発電所のフライアッシュを使いセメント使用量を抑える低炭素型コンクリート製品を販売する。セメント100%使用のコンクリート製品に比べて材料由来のCO₂排出量を平均41%削減でき、強度や耐久性が高いため構造物の長寿命化にもつながる。通常のコンクリート製品と同価格で提供することで普及を促す。売り上げの一部は北海道コンサドーレ札幌のSDGsプロジェクトに寄付。持続可能な社会の実現に貢献したい考えだ。

 エシカルコンクリートのTUTUMU(つつむ)を使用した製品を市場投入する。セメント代替として、産業副産物のフライアッシュや高炉スラグ微粉末を使用したコンクリート。将来の天然資源の枯渇リスクに対応するため、再生骨材の利用も視野に入れる。エシカルは倫理的や道徳的といった意味で、人や地球環境、地域社会に配慮した考え方や行動を示す。

低炭素型エシカルコンクリート
「TUTUMU」のロゴマーク

 TUTUMUで作ったコンクリート製品は、セメント使用量が少ないため、CO₂排出量を1t当たり約50kg削減できる効果がある。塩化物イオン浸透抵抗性の向上やアルカリシリカ反応の抑制などで耐久性に優れ、沿岸部、積雪寒冷地が抱える劣化課題に応える。

 高炉スラグ微粉末は潜在水硬性があり、セメントのアルカリ性の刺激を受けて緻密な内部組織を構成。フライアッシュはセメント水和時の水酸化カルシウムとのポゾラン反応で緻密な硬化体組織を作る。このためTUTUMUは、短期の強度は配合修正によって一般的なコンクリート製品と同等、中長期は増大する特性を持つ。

 温暖化対策の新しい枠組みが示された2015年のパリ協定や、日本政府の2050年カーボンニュートラル宣言を背景に、同社は50年に向けたCO₂排出削減ロードマップを策定した。エシカルコンクリート製品は、30年まで低炭素化フェーズで目標達成の鍵を握るフラッグシップの位置付けだ。

 北海道コンサドーレ札幌とクラブパートナー契約を締結し、TUTUMUの売り上げの一部を同チームのSDGsプロジェクトに寄付する。選手らによる子どもたちへの教育事業に使ってもらう意向だ。

 上田朗大社長は「低炭素型コンクリート製品が普及しないとCO₂削減対策としての貢献度は低いと考え、通常製品と同価格で提供することを決めた。ロードマップを策定することで環境意識を社内外で根付かせ、50年のゴールに向けて着実に活動したい」と話している。


関連キーワード: エネルギー 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,078)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,018)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,147)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,738)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。